潟}ネージメントリサーチは、マンション管理を主とし東京都練馬区を拠点に展開しています。分譲マンション総合管理、賃貸マンション管理、投資用マンション管理を行います。管理員・清掃員の教育等マンション管理業務全般対応可能です。マンションの管理業務を重点に頼れるパートナーとしてサポートさせて頂きます。季節に応じて北海道産地直送の特典もご用意させていただいております。マンション管理のことなら気軽にご相談ください。
マネージメントリサーチ
トップページ
会社概要
ブログ
BBS
事業内容
商品案内
プライバシーポリシー
リンク
お問い合わせ
マンション管理
◆概要
 私達の仕事は事業主・管理組合・投資家の建物等、資産を維持、管理させていただくことです。マスメディアでも報じられていますが、マンションを買うときは管理を買えとも言われ、この業界が果たせる社会的重要な立場がユーザー様に注視されているのが現状です。戦前よりマンション(当時の名称はアパート)は建築が進み、一説にはマンションと名がついた建物の竣工第1号は昭和28年のA社が分譲したそうです。しかし、マンションには所有権が区分される建物の規制を目的とする法律も当時は無く所々で諸問題が発生し、これに関係する法律も幅広い民法を関連させることしかできなかったそうです。マンションの建築が増加する一方で昭和37年4月4日に建物の区分所有等に関する法律が制定され、翌年の昭和38年4月1日より施行になりました。その後も昭和58年5月21日、昭和63年12月30日に改正がなされ、平成7年3月24日には阪神淡路大震災の関係で被災区分所有建物の再建に関する特別措置法が施行され平成12年12月8日にはマンションの管理の適正化の促進に関する法律が施行され、平成14年6月19日にはマンションの建替えの円滑化等に関する法律が施行され今日に至っているようです。
  マンションの歴史は既に長く続き、そして今後も続くでしょう。世界でも有名なヨーロッパの建造物は再建築するまでに100年もあると言われます。その期間は日本と比較致しますと、2.5倍から約3倍にもなります。その違いの第一問題は建築費・環境・水質、第二問題は維持保全管理にもあると考えこれから先の日本の建築物は使い捨て時代を辿るのか、それともヨーロッパのような一生涯暮らせる建物になるのか興味深いところがあります。 
 弊社は、ビル管理会社が誕生してから30年〜40年経つ中、後発で小規模な企業です。しかし、これからのマンション管理は全面委託管理が見直される傾向にあることが予測されます。これが現実化されますと、皆様の手足になる弊社のような会社が今後再編制されることでしょう。時代と共に切磋琢磨されていくマンション管理を皆様とご一緒に研究し、建物に相応する維持管理方法を常に極め必要とさせる企業を目指し努力を重ねる企業として今後も躍進していきたいと存じます。  
                                                         以上

▲このページのトップに戻る
@ マンション管理
基幹事務においては、原則方式・収納代行方式・支払一任代行方式 と管理方式がございますが、その中でも手間が掛かり敬遠されがちな原則方式を採用しています。マンション管理組合の利点は、対面方式にて月次の収支確認を行える。マンション管理業者に預け金がないことから万一の事態が生じても金銭的な被害がなく定額業務委託費は後払いになるので安心して委託できます。
A 修繕企画
小規模な建物修繕の企画提案致します。 誰に依頼したら良いかわからない案件でもご提案させていただきます。
B漏水事故対応
専有部分若しくは共用部分にて建物の経年に関わることなく漏水事故が発生することがあります。 弊社では、原則として修復作業を見込み調査段階では原因箇所を限定しスコープの挿入する穴10mm程度にて調査することができるようになりました。(関係図書完備の場合) また、大きく開口する場合でも、壁面センサーにより壁面の構造を限定した上で仮復旧を容易に行えるよう開口することもできます。
  
  
 
▲このページのトップに戻る
C 不動産業者斡旋業務
  マンション専有部から大規模な用地までをお客様のニーズにお応え出来る業者をご紹介いたします。
原則として紹介料等の手数料は発生いたしません。
  
  
  
  
D マンション銘板補修
マンション銘板を補修させて頂きます。新規作成した場合15万円から10万円程度の費用が掛かりますが、弊社は既設銘板を補修し、新設同様の美しさをよみがえらせます。
但し、同作業には適さない素材もございますので施工前には必ず現地を確認しお見積書作成の後にお客様のご了解を得てから実施いたします。
工事費用:26,250円から31,500円(消費税含む)
施工時間:2時間から3時間程度
  
 
▲このページのトップに戻る

Copyright (C) Management Reserch all rights reserved